ハムスターの飼育に適切な温度管理!夏と冬では異なる?

こんにちは、みるです!

ハムスターに限らず、ペットを飼育する際に気を付けなければいけないことが、温度管理ですよね。

温度管理を怠ってしまうとどうなってしまうのか、エアコンをつけっぱなしにしないといけないの?など疑問がたくさんあると思います。

今回は、ハムスターを飼育するにあたり、適切な温度をご案内していきます。

夏や冬の温度、ハムスターが快適に過ごせる温度など、ハムスターを飼育する人は知っておかなければいけないことばかり。

ハムスターの命にもかかわる温度について、ご紹介していきますので、どうぞご覧ください!

ハムスターを飼うにあたり、温度管理はとっても大切です。
というのも、温度管理を怠ると、ハムスターの命にかかわることだから。
どういったことが起こり得るのが、ご紹介していきますね。

ハムスターは暑さ寒さの両方に弱い

小さい体のハムスターは、暑さにも寒さにも弱い生き物です。
そのため、夏、そして冬どちらも気を付けてあげなければいけません。
さらに、季節の変わり目の、温度に変化が出る時期も要注意なんですよ。

夏は熱中症

夏には、熱中症の危険があります。
温度管理を怠ったり、直射日光に当てたり、水分が足りなかったり…。
そういったことがあると、ハムスターは熱中症になってしまうかもしれません。

冬は冬眠の危険

次は寒さについて。
最初に案内した通り、寒さにも弱いハムスター
寒くなると冬眠する習性があり、発見が遅いとそのまま亡くなってしまうことも。

ハムスターにとっての適温とは

案内してきた通り、暑さや寒さに弱いハムスターは、温度管理によっては、死んでしまうこともあり得ること。
そうならないためにも、適温についても覚えておきましょう!

およそ20~26度

ハムスターの健康状態や、ハムスターの種類によっても異なってくることではありますが、健康なハムスターの適切な温度は、だいたい20度~26度と言われています。
これくらいの温度に保てるように、エアコンなどを利用してハムスターが過ごしやすい温度管理をしてあげてくださいね。

温度計は必要?

温度計があった方が安心ではありますよね。
飼い主の体感温度とは、部屋の温度は違う場合もあります。
ですが、温度計をハムスターのゲージにセットしてしまうと、ハムスターも気になってしまううえ、確認するのにゲージの開け閉めを繰り返すと、ストレスを与えてしまう可能性もあります。
そんな時は、温度を保ってくれる働きをしてくれるサーモスタットなどを利用するのもいいかもしれませんね。
[ad]

こんな温度管理法はNG

適温を知っていただいたうえで、気を付けなければいけないこともお話ししていきますね。

クーラーをガンガンにつける

暑い、寒いからといって、エアコンをガンガンつけるのはよくありません。
というのも、ハムスターに直接エアコンの風がいくのはNG
ハムスターが嫌がってしまうので、風向きなどにも気を使いましょう。

扇風機の風が直接当たっている

エアコン同様、扇風機を利用する場合も同じです。
ハムスターに直接風が当たってはいけません。
快適な環境を作ってあげているつもりでも、ハムスターに不快を与えてしまうことにもなり兼ねません。

ストーブやヒーター

冬の温度管理にストーブやヒーターを使う場合も同じこと。
直接熱が当たってしまうのは、ハムスターにとって不快なこと。
危険も伴うので、直接熱がいかないように気を付けましょう。

できるだけお金をかけずに温度管理をする方法は?


とはいえ、適温を保つには電気代がかかってしまいそうですよね。

最近では、エアコンをつけたり消したりするくらいなら、つけっぱなしにしておいた方が電気代が安いとも言われているので、ハムスターのことを心配しているくらいなら、エアコンをつけっぱなしで管理してもいいかも。

ですが、ガンガンつけて部屋が冷えすぎたり、温まりすぎるのも危険なので、調整してあげてくださいね。

また、お金をかけずに温度管理をする方法を紹介した記事もあるので、これを参考にするのもいいかも!

暑い夏、ペットの体調が気になりますよね。クーラーつけっぱなしにするのがいいの?でも電気代が…手軽に暑さ対策をする方法はないのでしょうか?

まとめ


ハムスターの命にも関わる大切な温度管理についてご案内してきました。

ぜひ、ハムスターにとって快適に過ごせる温度を保ってあげてくださいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク