ハムスターの性格は種類によって変わる?相性の良い子の見分け方

どうも!みるでーす^^

これからハムスターを飼いたいなと思っている方!

できることなら自分と相性の良い子を飼いたいと思いますよね。

でも、そんなことは可能なの?

実はハムスターは種類によって性格が違ったりするんです。

自分と相性が良い子はどんな種類なのか、探してみませんか?

今回は、相性の良い子を探す手助けをするべく、ハムスターの性格を種類別にご紹介していきますね。

種類によって性格が違う


ハムスターには多くの種類があるのはご存知ですか?

その中からペットとして家に迎えるにあたり、人気が高いハムスターをピックアップして主な性格をご紹介していきます。

ゴールデンハムスター


ゴールデンハムスターは、とても人気がある種類です。

とてもおっとりとした性格で、人に懐きやすいと言われています。

また、後に紹介する最も知られているハムスターであるジャンガリアンハムスターよりも体が大きいため、触れ合いやすいんですよ。

ジャンガリアンハムスター


ハムスターを頭に思い浮かべた時に、ジャンガリアンハムスターを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

それだけ有名なハムスターであるジャンガリアンハムスター!

性格は、個体によって差が出る種類のため、こんな感じ!とはっきり言えないんですよね。

基本的にはおとなしいと言われていますが、わがままであったり、やんちゃな部分があったりするんです。

飼っている人が多いため、簡単に様々な情報を得られる種類ではありますが、性格は人間同様その子によって違うので、そのあたりを楽しんでみてもいいかも!

ロボロフスキー


ジャンガリアンハムスターより体が小さいロボロフスキーは、とってもすばしっこいため、逃げるのが早いんです。

そのため、人に噛みついてきたりすることはあまりありません

ただ、その分なつきにくいんですよね…。

チャイニーズハムスター

あまり聞きなれない名前のハムスター、チャイニーズハムスター

ですが、実はハムスターの飼育に関して初心者向けのハムスターの一種です。

おっとりしていて、人に懐きやすい種類です。

そのうえ、とっても頭の良いハムスターなんですよ。

キンクマ


他のハムスターよりも体が大きいキンクマ

大きい分、狂暴なのかと思いきやその逆!

とってもおとなしく人懐っこい性格なんですよ。

さらに、噛み癖もありません

ただ、脱走を得意としているハムスターなので、気を付けなければならない部分もありますよ。

その他

ハムスターにはその他にもたくさんの種類があります。

ですが、日本にはあまりいない種類だったり、ペットとして迎えるのは難しい種類だったりするので、今回は詳しい紹介は省かせていただきますね!

性格は個体差


ハムスターの主な性格を紹介してきましたが、必ず当てはまるわけではありません。

そのあたりについてもご案内していきますので、ご覧ください。

性格に絶対はない

人間と同じようにハムスターも個体によって性格が違います。

そのため、種類ごとに性格をご紹介してきましたが、絶対こういう性格!というわけではないので、ご注意を。

でも、個体によって違うからこその面白さもありますよね!

オスとメスとで違う?

オスとメスというよりは、個体によっての性格の違いの方が強いようです。

ですが、オスはおっとりしておりストレスにより弱くメスは気が荒く食欲旺盛という特徴があります。

育て方で決まる


相性の良い子を探すべく、種類や性別によっての性格の違いを紹介してきましたが、どんな子でも自分の家に迎え入れたら可愛いはずなんです。

大切に育ててあげれば、その気持ちはハムスターにも届くはず!

ハムスターにストレスを与えないように、ゲージやトイレの掃除を怠らず清潔を保ってあげたり、食事に気をつかってあげたり、飼い主としてハムスターに最大限の愛情をそそいであげましょう

そうすれば、ハムスターもその愛を受け取ってくれるはずですよ。

まとめ


ハムスターの性格についてずらーっと紹介してきましたが、好みの種類は見つかりましたか?

自分との相性が良い子を探すのもいいかもしれませんが、結局は人間同様その個体によって性格は様々です。

でもどんな子を迎え入れても可愛いはず

ぜひ愛情を注いで、ハムスターとの絆を深めてくださいね

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク