【ハムスター】餌の食いつきが悪く食欲がない時の対処法

ハムスター

こんにちは!ひなです!

飼っているハムスターの食欲がない。ご飯を残してしまう

そんな経験はございませんか?

少しでも食べやすくし、ハムスターに「これなら食べられるかも」と思ってもらえるようなテクニックをいくつか、紹介していこうと思います。

主食のペレットを残すときは、どうすればいいの?

ペレット

ペレットはハムスターの主食、毎日の食事に欠かせないものです。

エネルギーだけではなく、ハムスターの体をつくるタンパク質や租灰分もたくさん含まれています。

そんなペレットを食べてくれなかったら大変!

少しでも食べてもらえるような方法を載せました。

対処法その ① 砕いてみる

とりあえず砕いてみましょう

ペレットは固く、歯の伸びすぎを防止するのにうってつけですが、弱っているハムスターにとって、ハードルが高く感じられることも!

まずは食べられるようにしてあげることが先決!歯のことはいったん置いといて、ペレットを細かく砕いてあげましょう。

100均で買える小さなすり鉢、すりこぎなんて便利ですね。

ハムスター

対処法その ② ふやかしてみる

それでも駄目ならお湯をかけてみましょう

ペレットのニオイが漂いはじめて、ハムスターが食欲を回復することも!

うちの四代目ジャンガリアン・はいちゅうは、かつお、煮干しなどの魚系の味が大好きだったので、食欲がないときはかつお汁、煮干し汁をかけたペレットをやっていました。

それでも駄目なら「ペレット団子」!

ハムスター食事風景

最終奥義・ペレット団子の作り方を紹介しておきます。

  1. ペレットをお湯、もしくは出汁でふやかして柔らかくする。
  2. 100均のすり鉢とすりこぎで、ペレットを潰す。
  3. 食べやすい大きさに丸めて出来上がり!

柔らかく、食欲をそそるニオイもするのでいいですね。

ちなみに「ハムスターのマンマ」などのビスケットに牛乳や砂糖水をかけたものでも代用できます。

こちらは栄養価が低い分、ハムスターが好む味付けになっているので、本当に最終手段としてどうぞ。

野菜・果物などの副食を残すときは、どうすればいいの?

副食

フードは食べてくれるけど、野菜や果物を残されちゃった。そんな方はいらっしゃいませんか?

野菜や果物を食べてもらえるようにする方法をピックアップしました。

対処法 ① 火を通してみる

茹でてもよし、レンチンでもよし。油や調味料はなるべく使わないように。

火を通してみましょう

少し目先が変わって食べてくれるようになるかもしれません。

うちの五代目ジャンガリアンのきゃんでぃーにはよく、にんじんのグラッセをやっていました。

対処法 ② みじん切りにする

ハムスター食事風景

一切れが大きいと噛むのが大変!

火を通せばビタミンが失われてしまいますよね?

火を通さなくても食べてくれそうなら、生のままみじん切りにしてみましょう

断面の面積が広くなる分、香りが立ち上ります。ハムスターも食欲を感じてくれること間違いなし!

甘~い果物なんか、元々ニオイがいいこともあって効果倍増!

応用で、すりおろしリンゴなどいいかもしれませんね。

それでも駄目なら「ペット用のふりかけ」!

ハムスター食事風景

それでも食べてくれないとなると、市販のペット用ふりかけを野菜にふりかけるといいかもしれません。

ハムスターは犬などと違ってあまり舌をつかいません。表面のふりかけだけを舐めるということはあまりしないのです。(中には舐める子もいます!)

我が家では「ハムスターのマンマ」を粉状にしたものをふりかけていましたが、もっと栄養価の高いものがあればそっちを使ってください。

何も食べないときは、どうすればいいの?

うちのハムちゃん、何をやってもどんなに工夫しても、何も食べてくれない

それは一大事です

まずは獣医さんに相談!病院に連れて行くことも

獣医さん

何も食べてくれないのは全く栄養が取れていないという面で恐ろしいですが、それよりも怖いのは「なぜ食べてくれないのか」「なぜ食欲を感じてくれないのか」という原因そのものなのです。

病気が隠されているかもしれませんし、不正咬合などによって食べたくても食べられないのかもしれません。

すぐに動物病院に電話し、

  • どれくらい前から食べなくなったのか
  • 糞や尿の量
  • ハムスターの様子(ぐったりしてるか、くしゃみをしているか等)

他には獣医さんに聞かれたことを冷静に答えましょう。動物病院へ連れてきた方がいいと言われたら連れて行きましょう。

必ず普段ハムスターが暮らしているケージを掃除せず、そのまま持って行きましょう。原因や病気の元が見つかるかもしれません。

大好きなものをあたえてみる

ひまわりの種

みんな大好き!ひまわりの種

嗜好性の強い、滅多に食べられない大ご馳走、ハムスターの大好きなものをあたえてみましょう。

うちではどうしても食べてくれないときには、かぼちゃのスープを作るときのペーストから萩の月のクリームまで、色々あたえていました。

先ほど、五代目ジャンガリアンににんじんのグラッセをあたえたと書きましたが、グラッセの味に慣れると、食欲が回復した後も生のにんじんに見向きもしなくなってしまったので、

  1. グラッセ
  2. 砂糖だけでマーガリンのない茹でにんじん
  3. 砂糖を抜いた茹でにんじん
  4. 生のにんじん

という風に、段々切り替えていく必要が出てきました。

美味しすぎるものに慣らしてしまうと後で大変なことになる、砂糖、マーガリンなどの調味料や油をあたえてしまった等、問題点も多かったですが、美味しいものしか食べてくれないときは、やむを得ません

最終手段!強制給餌

ハムスターの意志では何も食べてくれない。食べようとしない。

そういうときは強制給餌です!

強制給餌

押さえつけないといけないので、日頃から人間の手に慣らせておくのが大切

ペレットをペースト状にしたものや栄養剤を、スポイトや注射器などを使って口に入れてあげましょう

まずは食べさせること、そして体力の回復

色々述べましたが、一番大切なことはまずは食べてもらうことだと思います。

ペレット団子だと歯が削れない。美味しいものをあたえるとそれしか食べなくなる。強制給餌はハムスターにとって苦痛やストレスになる。

たしかに色々問題はあります。

しかしまずは何か口に入れなければ、ハムスターは死んでしまうのです。

歯のことや普段の餌に戻していくリハビリ、ストレス解消は食べて元気になって、それからすればよいのです。

ハムスター

スポンサーリンク