危険!ハムスターのうんてい

どうも!みるです!

ハムスターが夢中でうんていをしている姿、見たことはありますか?

回し車のように、運動して遊んでいるんだなとか、可愛いなと思っているあなた!

実はハムスターのうんていは危険なことなんです!

小さい体でうんていをしている姿はとっても可愛らしいですが、なによりもハムスターに安全に過ごしてもらうには、うんていをしないような環境を作ることが大切

そこで、なぜうんていに夢中になるのか、うんていをすることでどんな危険が潜んでいるのか、そして危険なうんていをさせないための対策を紹介していきます。

大切なハムスターを危険な目に合わせないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

うんてい大好きハムスター


ハムスターがうんていをする姿を見たことがある方は多いはず。

とっても可愛らしい姿ではありますが、どうしてうんていをしているのか知っているという方は少ないのではないでしょうか。

まずはうんていをする理由をチェックしていきましょう!

うんていするのはなぜ?

なぜうんていをするのかというと、それはハムスターの習性です。

ハムスターは隙あらば外に出ようとする習性をもっています。

脱出できそうなところがあれば、果敢に挑んでいくのがハムスター。

そのため、金網部分があるゲージを使用している場合、金網によじ登ってしまったり、天井部分の金網でうんていをするようになります。

ちなみに、ストレスが原因の場合もあります。

ハムスターはストレスを感じやすい動物なので、そのあたりも注意深くみてあげましょう。

うんていしている姿をみてみよう

とっても可愛いハムスターのうんてい姿を見たことがない!という方もいるかもしれませんので、いくつか動画をチェックしてみましょう!

危険なこととはわかっていても、やっぱり可愛いですね…。

小さい体で頑張っている姿がなんともいえません。

落下の危険性


ハムスターがうんていをすると、落下してしまう危険性があります。

そしてそこからケガ病気、さらには命の危険にまで発展してしまうことも。

怪我の原因になる

小さいゲージでの出来事だとしても、体が小さいハムスターにしてみたら、ゲージの天井部分から落ちてしまうだけで大ごとです。

落下した際の打ちどころが悪かった場合、骨折や脱臼をしてしまうことも。

痛みをあまり感じないといわれるハムスターですが、足が変な方向へ向いているなどの状態になってしまっては大変!

また、金網のゲージによじ登り、その時に金網部分をカジカジと噛み続けてしまうこともあります。

我が家で飼育していたハムスターが飼い始めたばかりの頃によくやっていたのですが、天井部分にたどり着くまでに、金網をカジカジしてその流れで自分の体もつけていました。

小さい体なのに、が出ていて驚いたことが何度かあります。

こういった怪我に繋がる場合もあるんですよ。

うんていをして怪我をしてしまった場合は、すぐにかかりつけの動物病院に連れて行って、獣医さんに診てもらってくださいね。

病気になることも

うんていをしているのは、ゲージの中から脱出をしたいという習性とお伝えしましたが、ストレスを抱えている可能性も捨てきれません。

特に対策をすることなくストレスをためてしまうことで病気へと発展してしまうことも。

ハムスターのストレスを少なくするために、ゲージの環境を整える回し車を設置するなどのストレス対策も考えてあげましょう。

命の危険性

うんていをして落下した際に頭や背中を強打してしまったら、首の骨が折れて命を落としてしまうということも実際にあります。

ゲージの中での行動だからと安心せずに、うんていをしないような対策をしなければいけませんね。

うんていさせない!対策方法色々


怪我や病気、さらには命を落とす危険性があるうんていをさせないために、きちんと対策を取りましょう。

ケージの見直しをする

まずするべきことは、ゲージを見直すことです。

金網部分があるからこそ、うんていをしてしまいます。

金網部分が全くないゲージに変えるのが一番早いかもしれませんね。

我が家で飼育していたハムスターは、金網をカジカジして怪我をしていたので、金網が少ないゲージに変えました。

天井部分には金網部分が残っていましたが、横の部分がプラスチックになったことで、よじ登ることがなくなり、血を出すような怪我もなくなりました。

我が家のようにゲージを変える他には、金網部分に対策をして登れないように、さらにはうんていができないようにする方法もあります。

それは続いての動画で紹介しますので、参考にしてくださいね。

対策をした人たち

では、うんていをさせないために対策をした方の動画を紹介しますので、ぜひチェックしておきましょう!

続いて紹介するのは、金網がない水槽でハムスターのおうちを作っている動画です。

実はハムスターのゲージでは、金網が全くないゲージってなかなか販売されていません。

そのため、水槽や衣装ケースなどで手作りゲージを用意してあげるのも手!

まとめ


とっても可愛いハムスターのうんてい姿ではありますが、とても危険な行動ということを紹介してきました。

可愛がっているハムスターがうんていをしているのを発見したら、すぐに対策を取りましょう!

怪我や病気になってしまっては大変です。

それだけでなく、命まで落としてしまったら、取り返しのつかないことになります。

そんなことにならないためにも、紹介してきたことを参考に対策をとってあげてくださいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク