ハムスターの平均体重は?体重計で測定する方法

こんにちは!べにぃです!

今日はハムスターの体重のお話です。

人間でも太ったり痩せたりというのは気になりますよね……。

ハムスターの世界も同じ!

太り過ぎや痩せすぎは病気の元です。

一緒に丁度いい体重や、体重から見るハムちゃんの健康のことを勉強しましょー!!

ハムスターの種類別平均体重

まずはそれぞれの種類のハムちゃんの平均体重はどれくらいのものなのか、調べてみました!

うちのハムちゃん、太りすぎてない……?

えっうちの子、もしかしてガリガリだったの……?

なんてことが気になるあなた!ちょっと目安を見てみましょう〜〜〜!

ジャンガリアンハムスター

まずはジャンガリアンハムスターから。

ジャンガリアンはオスとメスに体重の差はほとんどなく、オスが35〜45g、メスが30〜40gが適正体重だとされています。

ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスターは少し特殊です。

体格が大きいハムスターなので、他のハムちゃんたちより体重は重めではあるのですが、

オス85〜130gが平均なのに対して、メスは95〜150gと少し重めになるとのこと。

ロボロフスキーハムスター

小さい品種のロボロフスキーハムスターは、体重にオスとメスの区別はありません。

オスメス両方15〜30gが平均体重です。

キンクマハムスター

キンクマハムスターはゴールデンハムスターの一種に数えられるので、体重もゴールデンと同じと考えてよさそう!オス85〜130g、メス95〜150gと見てよいでしょう。

その他

今挙げた中でいちばん大きい体なのはゴールデンハムスターでしたが、実はもっと大きな品種も……!

クロハラハムスターというハムちゃんはもっと大きくなり、体重は250〜600gになり、体格もモルモットとほとんどかわらないサイズになるそうです!!

とても大きいですね!

ハムスターの体重の測り方

さて、ハムちゃんたちのちょうどいい体重がどれくらいのものなのか、だいたいお分かりになったかと思います。

でも、実際のところうちのハムちゃん、どれくらいの体重なの!?見た目じゃわからない!!!

というわけでこの項目ではハムちゃんの体重の測り方などについて勉強していきましょーう!

専用の体重計がある?

ハムスターの体重を計る専用の体重計というのはありませんが、ハムスターの体重を計るのに向いている体重計はあります。

まずは、細かい単位で計れるもの。最低でも1g単位、できれば0.1g単位で計れるものがよいです!

料理に使うデジタル秤だと、箱に入れて体重チェックもしやすいですし、大きすぎないのでサイズもちょうど良いと思いますよ〜!

痩せ・肥満のボーダーライン

平均体重がどれくらいかというのはわかったけど、痩せすぎ、肥満の目安ってどれくらいなんだろう……迷うなあ。

と不安になる方もいらっしゃるでしょう。

ハムちゃんによって個体差もあるのであくまで目安ですが、ボーダーラインはあります。

平均体重の1番重いところから数えてゴールデンは20g、ジャンガリアンなら15g、ロボロフスキーだったら10g増えていたら肥満だと考えてよさそうです。

そこからさらに増えていたら本格的にダイエットを!

痩せすぎのラインは平均の1番少ないところより減ってきたら痩せ気味と考えて。

ハムスターは体が小さいので、1gの差でも結構違ってきます。

体の小さいロボロフスキーハムスターなどは特に注意してください。

定期的に測ろう

ハムちゃんの健康管理のために、体重は定期的に計るのがおすすめです!

体重を計って記録しておくと、急に増えたり、急に減ったりといった変化もわかりやすくなります。

心配なら病院につれていけますし、もし病気だったりしたときも獣医さんにお話するときの目安に使うことができるので、体重を計って健康チェックの1つにするというのは有効です。

体重が減少していたら

あれ、うちのハムちゃん、この頃なんだかほっそりしてきている気がする……。

何か病気だったりしないかな?

という不安を抱いている方はいらっしゃいませんか?

ハムちゃんの体重が減ってきたときにチェックしておきたいポイントをまとめました。

餌をちゃんと食べているか

まず確認するのは餌を食べているかどうか、です。

もしかしたら与えている餌が口に合わなくて食べてないなんてこともあります。

ゴールデンハムスターは水分の多い餌、ロボロフスキーはたんぱく質な餌、など生い立ちによって好みの餌が違うという説も。

もしハムスターが餌を食べてくれないのが気になっている方は、こちらの記事もおすすめです!

ハムスターの餌の適量は?おすすめの野菜やペレットを紹介

食欲がないのは病気?

ハムスターの食欲がない理由には、いくつかの原因が考えられます。

例えば家に来て間もなくて緊張している、という時はしばらくそっと見守りましょう。

暑さや寒さがひどい場合は、お部屋の温度調整を。

もしかしたら歯の調子が悪いことも。高齢のハムちゃんなら餌を砕いたり柔らかくしたりしてあげて。若いハムちゃんの場合は怪我などの可能性もあります。

ハムスターは歳をとると自然と食欲も減っていきます。カロリーを多くとれる餌を増やしてみたら体重が戻ってきたという場合もあるようです。

それでも体重が減る場合や、若いハムスターの場合は病気の可能性が高いようです。

おかしいようなら病院へ

もしお家でできることはしたけど、それでもなんだか様子がいつもと違うなあというときは、遠慮せずに病院へ行きましょう。

ハムちゃんの体はちいさいので、病状の悪化も早いです。

怪我や病気の心配が出てきたらすぐ受診するのがおすすめです。

まとめ

今回はハムスターの体重についてまとめました!

体の小さなハムスターは、人間にとっては少しの体重変化でも大きな体調変化のサインになることもあります。

こまめに気を配ってハムちゃんの健康をキープしましょう!!

スポンサーリンク




コメント

  1. 鈴木 真理 より:

    ジャンガリアン、オス2匹飼っています。今年の4月に来たので生後7-8ヶ月くらいと思います。

    1匹が5月の体重計測時45gあったのに、9月測った時は35gでした。先月から突然痩せた感あり焦っています。
    もう1匹は5月49g→9月46gでした。
    1匹は胴体が肉厚になったのが分かりますが、35gの方は来た時より小さくなった印象です。
    何か問題はありますでしょうか。
    ちなみに餌は4月から毎日だいたい同じ時間に同じ量あげており、与えると直ぐ我先にと袋に納めるためガッついてます。食欲は減ってないと思います。
    水は飲んでると思いますが尿の量が若干少なくなって来たかもです。糞の量はあまり変わらず排泄してると思います。
    病院に行った方が良いでしょうか?